水漏れが起きた場合の修理の流れを紹介

水漏れが起きた場合の修理の流れを紹介 水回りで水漏れが発生すると、どうしていいかわからなくなるという話はしばしば聞かれます。生活に欠かせないもののため、焦ってパニックになるのも無理はありません。水漏れが発生すれば、業者にお願いして修理を依頼する必要があります。パッキン交換やナットのゆるみを締めなおすなど、自分でできる作業もありますが、無理に自力で行うと、かえって状況が悪化することも考えられます。餅は餅屋ではありませんが、やはり専門業者にお願いをするのが無難です。ここではどのように作業を依頼すればいいかについて、流れを簡単に紹介します。

■まずは問い合わせをするところから

水回りに関するトラブルが発生しているようであれば、まずは電話などで問い合わせてみます。この時スタッフから、どのようなことで困っているか尋ねられます。そのため、わかる範囲で丁寧に答えます。すると現場急行した作業員がある程度状況を把握できるため、作業に取り掛かりやすくなります。どこでどのような問題が起きているかを端的に伝えましょう。業者の中にはスタッフが質問して、それに対して答える方式をとっているところもあります。聞かれたことについて話すスタイルなら、どこから話せばいいか悩む心配もありません。通常は電話で受け付けているところが多いですが、メールや問い合わせフォームを使って受け付けているところも見られます。

■現場でトラブルの状況を確認
依頼受付が完了すると、作業員が依頼者の自宅に到着して、診断をしてくれます。評判のいいところは名刺などを見せてきちんと挨拶をしてくれるのが一般的です。口コミでもこのようなところを評価する意見がしばしば見られます。そしてどこで問題が起きているか、現状をチェックします。続いてなぜ水漏れなどのトラブルが発生しているか、修理するにあたってどのような作業を行うかの説明をしてくれます。さらにいくら費用が掛かるかの見積書を作成してくれるようになります。ここで注意したいのは、中には見積もりを出さずにいきなり作業を始める業者もある点です。このようなところは後で高額請求してくる悪徳業者の可能性が高いので、見積書を出すように相手に求めることが大切です。もし理由をつけて出さないようであれば、そこに依頼するのはやめて、他の業者を探した方が無難です。

■修理、支払いの流れに

相手の提示した見積金額や作業内容について納得できれば、ここで正式に依頼という流れになります。できるだけ早く作業が完了するように方法などを検討して、進めていきます。たいていの工事は数十分程度で、長くても1時間前後で完了します。このため、水回りが一切使用できない状態が1日以上続くようなことはあまり考えられません。ただし例えばトイレの水漏れで便器にひび割れが確認された場合には、本体の交換が必要になります。この場合には、大掛かりな作業を伴います。場合によっては数日間、自宅のトイレが一切使えない事態も考えられます。このような即日完了しない場合でも、作業に取り掛かる前にスタッフの方から説明があるので安心です。作業が終われば、支払いという流れです。現金支払いの他にも大手を中心にクレジットカードや銀行振り込みなどに対応しているところも出てきています。

■まとめ
まったく前兆がなくて、ある日突然水漏れなどの水回りのトラブルが発生することも考えられます。また深夜や早朝など、時間を選ばずに問題が起きることも有り得るでしょう。そのようなときにまずは冷静になって、業者に連絡をするようにします。大手を中心に24時間365日いつでも応対しているところがあります。普段からもしもの時を考えて、自分ならどこにお願いするかあらかじめ決めておくのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース