トイレの水漏れ・修理で便器交換することは?

部屋別で水漏れリスクの高いところを見ると、トイレは上位に入ってきます。いろいろなパイプや設備が含まれているため、さまざまな個所でトラブルが元々起こりやすい箇所です。トイレで水漏れが発生すると、トイレの交換をしなくてはならないかもと不安に感じる人もいるでしょう。どのようなトラブルが考えられるか、以下で解説します。

■配管の問題はパッキンの劣化

給水管や排水管などのパイプで水漏れが発生している場合、これは接続部分のパッキンの劣化によるケースが多いです。ゴム製のため、時間が経過するとひび割れなどの劣化がどうしても進みやすい箇所です。この場合、パッキンを新しいものと交換すれば、問題は解消されます。



■便器そのもののトラブルの可能性も

便器から水漏れが発生している場合、修理が大掛かりになる可能性が出てきます。というのも便器そのものがひび割れを起こしている事態も想定できるためです。この場合、パテなどで応急処置を施すこともありますが、いずれは便器そのものの交換をすすめられるでしょう。ただし水漏れと思っていたら、よくよく調べてみるとただの結露だったということもしばしば見られます。


■まとめ
トイレの修理は、どこで発生しているか、何が原因かによって作業内容も大きく変わってきます。パッキンの交換であれば、素人でもやろうと思えばできる簡単な作業です。一方トイレの交換となると、大掛かりな工事が必要になり、専門業者にお願いする以外に手はありません。まずは何が原因かを業者に相談することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ