蛇口の水漏れ・自力で修理する方法はある?

蛇口からチロチロ水漏れが起きているという症状に悩まされている人は多くいるものです。水道 修理業者に頼んで作業を依頼するとお金がかかるから、自分で修理できるものならしてみたいと思っている人もいるでしょう。自力で可能な修理方法についてまとめてみました。

■パッキン交換であればできるかも

蛇口の水漏れの原因を探ると、パッキンの劣化であるケースが多いです。この場合ホームセンターなどで売っている新しいパッキンと交換して、修理できる可能性があります。レバー近くのネジを外すとハンドルが取れますが、カバーを取り外すとゴム製の部品が出てきます。これがパッキンで、新しいものと交換します。あとは今までの作業の逆に進めていけば完成です。


■接続部分のナットのゆるみ

パイプの付け根のところで水漏れが発生しているようであれば、これはナットの緩んでいることが原因です。この場合、モンキーレンチもしくはプライヤーを使用して緩んだナットを締めなおせば、水漏れを修理できる可能性が高くなります。もしナットを締める方法でも問題解決できないようであれば、中のパッキンの劣化が疑われます。その場合には上と同じく新しいパッキンと交換して対処します。


■まとめ
パッキンが古くて劣化している、ナットが緩んでいる程度であれば、自分たちで修理をすることも可能です。ただし水漏れトラブルは、その他にも多様な原因で引き起こされます。もし原因が特定できない、作業をする自信がない場合は、専門業者にお願いをした方が無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ